くらしサポート・ウィズの関連団体の新着記事のご紹介です。のんびる 2022年9・10月号

南武線谷保駅から歩いて5分。
富士見台団地の完成とともに、隣接して昭和40年に開業したダイア街は、
お茶に青果、肉、魚、豆腐、家具、瀬戸物、靴、薬局に飲食店…と、
なんでもそろう商店街です。
そのアーケードの片隅に、3年前、小さな本屋が生まれました。

本と出会う場所

レトロ商店街の小さな止まり木
小鳥書房(東京都国立市)

<ささやく本に囲まれた空間>

おおらかなアイアンの曲線が木のようにも
木の葉にも見えるガラスドアを開けると、味わいのある木製の本棚が並んでいます。
手前は新旧の文学がぎっしり。
さりげなく仕切られた奥の棚にはアンソロジー、ノンフィクション、ケアや音楽、
旅の本に絵本など、さまざまなジャンルの本が集まっています。
宣伝物の類は控えめで、図書館か友達の家の本棚のよう。
本そのものが語りかけてくるような、わくわくする気持ちが湧いてきます。
小鳥書房店主の落合加依子さんは話します。

「街の本屋だということを大事にして、なるべく特定のジャンルにこだわらず、
幅広い本を仕入れています。新刊書と古書がだいたい半々。
ここは出版社でもあるので、本を作る人や書店に関する本、
それに私が編集で関わる雑誌『怪と幽』や、
その関連の妖怪本が多くなっています。
新しくスタッフになった雄一くんが詳しいので、
音楽やまちづくりの本もここ数か月で増えましたね」

お客さんは小学生から高齢者まで、年齢も関心もバラバラな地元の人たち。
限られたスペースにどんな本を置くか悩みながら、
また、この本はあの方にとお客さんの顔を思い浮かべながら、仕入れているといいます

店主の落合加依子さん

・・・続きは
『のんびる』9・10月号 特集 本と出会う場所をご覧ください。

バックナンバーもご注文いただけます。

pal system セカンドリーグロゴ
目次
閉じる